生前整理とは!?遺品整理との違いを比較してみた

生前整理とは?

生前整理とは、自分が他界した時のために、前もって身の回りの物を整理しておくことを指しています。ここからは、生前整理と遺品整理の特徴を比較をしていきます。

生前整理と遺品整理の特徴比較

生前整理

生前整理は、財産の分配などを全て自分で決めることができます。そのため、後に遺族がトラブルになる心配も無くなります。また、生活用品を少しでも減らしておくことで、遺品整理の手間を省けます。しかし、生きている間に他界した時のことを考えることになるので、賛否両論あります。

遺品整理

遺品整理は親や親族が亡くなった時に行いますが、全ての決定権は残された遺族にあります。もし財産の分配が決められていなかった場合は、遺族同士でトラブルになることもあります。残された人の負担が大きくなるでしょう。

生前整理とは!?遺品整理との違いを比較してみた

ダンボール

財産の整理

生前整理で大事になるのが、自分の持っている財産をどのように整理するかです。財産の分配を記載した遺言書を忘れずに作成しておきましょう。そうすることにより残された遺族が財産争いをする可能性が低くなります。あらかじめ決めておくと、トラブルも起こりにくくなるので、とても有効な手段です。

メンズ

物の整理

財産の整理が終わったら、次は物の整理を行います。普段から少ない物で生活している方は問題ないですが、何十年も来ていない服をそのまま持っている方も多くいます。そういったような、今使っていないものを捨てていくといいでしょう。使えそうなものはリサイクルショップに売ることでお金に変えることができます。

余裕があるなら生前整理がおすすめ

人が亡くなった時は忙しくなります。そのため、前もって財産と物を整理してくれているのは、遺族にとってありがたいことです。もし健康で生前整理する余裕があるなら、やっておきましょう。福岡にも生前整理を手伝っている業者があります。

広告募集中